薄毛治療にかかる年間費用

男性の場合、頭頂部の髪の毛が薄くなってきたり、生え際が後退してM字型になっていくタイプの脱毛は、男性型脱毛症である可能性が高いとされています。
薄毛の原因が男性型脱毛症の場合には、専門のクリニックで内服薬を処方してもらうことで、高い割合で薄毛が改善してきます。
現在、国内で内服薬として処方されているのは「プロペシア」という薬です。
診察を受けて1か月分を処方してもらうのが一般的で、健康保険の適用にはならないため、薬代が1か月あたり1万円前後かかります。
また、男性型脱毛症の専門病院の場合には、薄毛治療をスタートするにあたって、頭皮や薄毛に関してさまざまな検査を行うため、最初に2万円前後かかることがあります。
クリニックによっては初期費用がかからないものもありますので、事前にホームページをチェックしておくとよいでしょう。
さらに、薄毛治療ではプロペシアの内服のほかに、外用薬としてミノキシジルが処方されたり、ビタミン剤などが処方されることもあります。
複数の薬を併用すると、1か月あたり30,000近くかかる場合もあります。
その他、薄毛治療として頭皮にプロテインを主成分とする薬剤を注入するHARG療法や、レーザーや超音波、薬剤などを利用した育毛メソセラピーなどの施術を組み合わせて提供するクリニックもあります。
HARG療法の費用は1回あたり15万円前後かかることが多いようです。
また、育毛メソセラピーについては内容にもよりますが1回あたり4~5万円程度かかるようです。
そのため、プロペシアのみの治療の場合には1年間で15万円前後で治まる場合もありますが、複数の治療を組み合わせると100万円近くになる場合もあり、あらかじめクリニックと予算について話し合うことが大切といえるでしょう。