生活改善だけで薄毛は治るの?

日常生活の中で薄毛を引き起こすきっかけとなるものは実に様々です。まずは頭皮環境が悪化してしまうことによって発症する例がよく指摘されますが、頭皮の極度な乾燥状態や、毛穴が皮脂やゴミなどで毛詰まりによる毛髪の成長力の阻害などは抜け毛や薄毛に直接的に影響を与えます。また、ストレスや極度な疲れ、睡眠不足、脂っこいものを中心とした食生活、タバコやアルコールの多量の摂取といった数々の生活習慣も間接的に薄毛の原因となります。

このように薄毛は様々な生活習慣が引き金となって起こることが考えられますので、まずは日々の生活改善は欠かせないテーマとなるでしょう。しかしながらこれだけで症状が治ることは少なく、多くはクリニックでの専門的な薄毛治療とあわせながら改善に努めていくのが主となります。

クリニックでの薄毛治療ではまず、医師の問診や触診などによってその原因を特定し、生活改善へのアドバイスなども行いながら、他にもAGAを始めとする病気の可能性、そして頭皮の血めぐりの改善や栄養分の補充など、患者のニーズにあわせて様々な薄毛治療を提供します。

たとえば男性ホルモンの過剰な働きが頭髪の成長を阻害するAGAであれば、男性ホルモンの働きを抑えるプロペシアの処方などで薄毛の発症を抑え、さらにミノキシジルを使って頭皮の血行を改善していきます。さらに専門的な施術になると、不足しがちな頭皮の栄養分を補充するために注射による環境改善を行ったり、あるいは頭皮で毛包が形成されるように成長因子と呼ばれるものを注射して毛が生えやすい状態を整えてあげる方法もあります。

さらに毛根のしっかりとした部位から頭髪を移植するという方法もあり、自分の頭髪であるがゆえに定着率も高く、大きな効果を上げています。いずれもまず第一に生活改善を行った上で専門の薄毛治療を実施することで、育毛や発毛の効果を十分に引き出すことが可能となるのです。