薄毛治療の種類

医療機関では、様々な薄毛治療が行われており、一般的なものとして「育毛メソセラピー」と「HARG療法」、「内服薬による治療」、「外用育毛剤の使用」があります。

育毛メソセラピーとは、メソセラピーというもともと美容整形の分野で脂肪溶解剤を注射することで脂肪を除去する施術を応用した薄毛治療法で、注射により有効薬が皮膚の中まで届くため高い効果を期待することができます。毛髪の再生を促進する成分を、注射で打つことよってダイレクトに頭皮に与えていく治療法です。

HARG療法は、再生医療を応用した最新の毛髪再生治療で、認定を受けた医療機関のみで受けることができます。これまで、内服薬や育毛剤などを使用しても効果が出なかったという人でも、この薄毛治療を行うことでほぼ確実に発毛効果が出るとされています。HARGカクテルと呼ばれるさまざまな成長因子や発毛に有効な成分を頭皮に打つことで、毛を成長させる毛根まで届けることによって、増毛が促進されます。

発毛・育毛・養毛作用のある内服薬による治療は、内服薬を服用して薄毛を改善します。血行を促進する作用がある成分を活性化させたり、発毛を阻害する成分を抑制するなど、様々なタイプのものがあります。内服薬の服用治療は即効性がないため、半年から1年ほどの長期にわたって行われます。

外用の育毛剤による薄毛治療は、頭皮に発毛成分が配合された塗ります。育毛に必要な栄養を毛乳頭に届け、毛乳頭の働きを活性化させることで育毛を促しますが、効果が現れるまである程度時間が必要です。最低でも半年から1年は続けなければなりません。また、育毛剤を使用することで必ず効果が現れるとは限らないため、自分に合った育毛剤を見極めることが難しいということもあります。

↓AGA治療薬の副作用
そのうつ症状もしかしたらプロペシアの副作用かも